車通勤 雨

雨の日でも濡れずに通勤できる。

大雨

 

 

これもとっても単純ですが、雨の日は「ほぼ濡れずに会社を行き来できる」のが車通勤のメリットですね。

 

雨の日でも家を出てすぐ車に乗り込み会社に着けば駐車場から社内に入るだけなので下手すりゃ傘をさす必要もないかもしれません。

 

このメリットをとくに私が実感できるのは、電車通勤をしていた頃、台風による大雨を経験したことがあるからです。

 

私の電車通勤時の台風体験

台風

これは、家路につく時だったんですが、会社を出る時間があと30分遅ければ電車も止まっていたというひどい天候でした。

 

なんとか自宅のある駅にまで着いたのですが、「まさに嵐!」

 

雨は1時間に80mmといった状況の上、風がビュービューもんだから横から雨が叩きつけるもんだから傘をさしても全く意味がないぐらいでした。

 

家に迎えに来てもらおうとは思ったのですが、時計はもう22時。妻と子供も床につく時間ですし、こんな天候にあえて迎えに来てもらうのも「危ないな」と電話しませんでした。

 

それに歩いても7分ぐらいの距離でしたのでw

 

「タクシーを!」とも考えたのですが、私と同じような帰宅難民によってタクシー乗り場は行列。。。

 

それを見て私は歩いて帰ることを決意したわけです!(徒歩7分の距離ですが。。。w)

 

いざ!傘をさして歩き出した7秒後、暴風によって傘が破壊。(涙)

 

もう後戻りできないから、壊れた傘のビニール部分を体に巻きつけるようにして「7分という時間」を堪能したわけです。

 

いつも歩く道が、まさに「川」。それも流れが凄く速くて足がもってかれる。。。

 

水はもう「くるぶし」の上まできていました。

 

家に着いた時は、まさに川に飛び込んだかのような状況。。ずぶ濡れを通り越していましたね。

 

ひどい雨を経験してたら車通勤の良さが分かる!

 

私にとってはとても印象深いこのような雨の経験をしていたわけなので、車通勤は「濡れないからとても快適!」っと深々と感じるわけです。

 

でも、台風ぐらいの天候だと車通勤でもヤバイはヤバイということは確かです。

 

濡れることはないけれど、事故に巻き込まれる可能性は電車通勤よりも高いわけですし、道が冠水して車が動かなくなる可能性もあります。

 

だからどっちもどっちと言えば「そうだ!」ともいえます。

 

「が!」でもやっぱり雨という視点から言えばやっぱり「車通勤の方が快適だ!」と私的には思ってすね。


雨の日でも濡れずに通勤できる。関連ページ

電車の時間を気にしなく良い
車通勤のメリット「電車の時間を気にしなくていい」について紹介しています。
ひとりの時間ができる
車通勤のメリット「ひとりの時間ができる」について紹介しています。
食事ができる
車通勤のメリット「通勤中に食事ができる」について紹介しています。
タバコが吸える
車通勤のメリット、通勤中にタバコが吸えるについて紹介しています。
缶コーヒーが飲める
車通勤のメリット「通勤中に缶コーヒーが飲める」について紹介しています。
帰りに買い物がしやすい
車通勤のメリット「帰りに買い物がしやすい」について紹介しています。
最高の勉強空間
車通勤のメリット「最高の勉強空間」について紹介しています。
いつでも寝れる?
車通勤のメリット「いつでも寝れる?」について紹介しています。
車好きには最高
車通勤のメリット「車好きには最高」について紹介しています。
ガンガン音楽やラジオが聞ける
車通勤のメリット「ガンガン音楽やラジオが聴ける」について紹介しています。
必ず座れる
車通勤のメリット「必ず座れる」について電車通勤と比較して紹介しています。
荷物が多くても大きくてもOK
車通勤のメリット、「荷物が多くても大きくてもOK」について書いています
カバンに気を使わなくて済む
自動車通勤のメリットのひとつ「カバンに気を使わなくて済む」について紹介しています。
誘惑が少ないので意外と節約できる
自働車通勤のメリットとして誘惑が少ないので意外と節約できるを紹介しています。
髯(ヒゲ)が剃れる
自働車通勤のメリットのひとつ、気にせず「髭がそれる」について紹介しています。
「見られてる!」と意識する必要がない
自働車通勤のメリットの一つ、「見られてる!」と意識する必要がないについて紹介しています。