車の中で勉強

最高の勉強空間

勉強

 

 

自動車通勤の時間が片道30分以上になってくると、どうしても苦痛を感じたり、不毛に時間を削っているように感じるものです。

 

だからこの時間を有効に使いたいと考え、「車通勤中に勉強できないか?」と探る人も多いと思います。

 

もし勉強が可能なら苦痛も不毛さもなくなるうえ、収入を上げるための知識や思考を手に入れることができ、長時間通勤を終わりにすることもできるかもしれませんからね。

 

ここでは、車通勤時間を最高の勉強空間に変えることができる方法とおススメの勉強などを紹介していますので参考にしてみてください。

 

目次

自動車通勤時間にゆいいつ勉強できる方法とは?

 

車通勤 勉強

 

自動車通勤途中に勉強といっても、ノートに何か書いたり、本を読んだりすることはできません。

 

運転中には無理ですからね。もし「俺はできる!」という人も止めてください。危険ですw

 

運転していてもできる勉強法と言えば「聴く勉強」ですね。運転中でもラジオや音楽が聴けるように「聴く勉強」なら通勤時間中ずっと可能なわけです。

 

わたしも、毎日のように車のオーディオにCDを突っ込み、運転しながら聴く勉強をすることによってかなりの知識を得ることができました。

 

っというか聴く勉強によって今の自分が作られたといっても過言はないんですね。

 

私が聴く勉強を始めたキッカケは、神田正典さんの「非常識な成功法則」という本を読んだことからです。

 

私という人間が確実に変化した本といっていいぐらいすごい名著ですね。

 

この書の中に神田さんはカセットテープを聞くことで知識を得たということが書かれていて、カセットテープを聞くことで学ぶことを指南しているんです。

 

カセットテープというだけで時代を感じさせられますね。私がこの本を読んだのは26歳の時です(笑)

 

そして私はこの本をきっかけにその当時売られていたさまざまな学習テープを買いあさって車の中で聴くようにしました。

 

英語などの語学学習はもちろん、資格勉強や人を動かす方法、経営、成功哲学などすべてを車の中で学んだと言っていいほどです。

 

なぜそれだけ学べたかというと自動車通勤というものが聴く勉強を後押ししてくれたからなんです。

 

それが車の中は最高の勉強空間と私が言う理由なんですね。

車通勤での勉強が最高な3つの理由とは?

 

車通勤 勉強

 

なぜ、車通勤の時間が最高の勉強空間になるかというと以下の3つの理由があるからです。

 

  • 寝れない
  • 集中できる
  • 一定の時間を継続してできる

寝れない

 

まずは「寝れない」というのがとてつもなく大きいです。

 

「聴く勉強」というと「電車の中でもできるよね」という方がいるかもしれません。確かに意志力が高い人はできると思います。

 

ただ私の電車通勤時での経験上、電車の中で座りながら「聴く勉強」をしても必ず寝てしまうんですね(笑)

 

これはどんなに「朝の通勤時間はこの本を読む!」と前日に計画していても、本を開けた数秒後に夢の中に入って行ってしまっていたわけです((+_+))

 

朝の電車内を見ていたら、ほとんどの人が寝ているのをみれば分かります。

 

電車では人は寝てしまうのが当然だと思ったほうがいいです。そのように人間ってできているんです。

 

しかし、車だと違うんですね。車を運転していたら絶対寝れないじゃないですか。

 

寝たら「あの世行き」か「刑務所行き」ですからね((+_+))

 

だから、車でカセットテープやCD教材を再生しさえすれば必ず勉強できるので確実に成長できるといわけです。

集中できる

 

次は「集中できる」ということ。

 

これはやってみれば分かるので、とにかくやってみてほしいのですが、運転中は頭が集中しているので「聴く力」もアップするんですね。

 

っというか、運転中には他に何かすることができないので「聴くこと」一点に集中できるのかもしれません。

 

「運転中にそんなに集中したら危険じゃないか?」と思われる方もいるかもしれません。でもこれがけっこう大丈夫なんですね。

 

たしかに運転に慣れていない初心者マークの人なら怪しいです。でも何年何十年と車を運転している人は車を運転する際の注意力が高いんですね。

 

だから耳が別に行っていてもちゃんと安全確認を怠ることなく運転できるものなんです。これはラジオや音楽を聴いていても運転できることからも分かりますよね。

 

そして運転中に聴いていた音楽やラジオ放送がけっこう頭に残っていることからも「聴く力」ってけっこう凄いものだということが感覚的に分かると思うんです。

 

私は「これだけ聴く勉強というのは頭の中に入り込むものか!」というほど実感しました。

 

それは聴くことで頭の中に知識が増えるのは当然なんですが話す力も向上したことによるんですね。

 

知識が入り込むため話すことが増えるのは当然なんですが、聴いたものが自分の言葉のように流暢に人に伝えることができるようになったんです。

 

これにはとてもビックリしましたね。

 

あと車の中は個室だという点も集中できる要因です。やっぱり周りに誰かいると気にしてできないことも増えますからね。音量とか。。

一定の時間を継続してできる

 

最後は、一定の時間を継続してできるというものが大きいです。

 

通勤時間というのは毎日毎日あるわけです。この時間が勉強時間となれば、毎日一定時間勉強できるというわけです。

 

通常だとなかなか勉強に割く時間って作ることができないものですよね。まわりにいろいろ誘惑があるものですから。

 

でも車を運転していたら他のことはできません。運転しなければ会社に到着することも、家に帰ることもできませんからね。

 

あとはカーステレオに何かしらの教材を入れて再生するだけですから、今までやろうと思ってできなかった勉強が苦なくできるので継続ができるわけです。

自分を進化させる車通勤時の勉強4選

 

車通勤 勉強

 

では車の中が最高の勉強空間になるとして、いったいどういった勉強が可能なのでしょうか?

 

一口に勉強といっても色々なものがあります。ここでは車通勤中でも聴くことによって学べる勉強とそのおススメ教材やツールを紹介してみます。

読書

 

まず勉強の基本として挙げられるのが「読書」ですよね。

 

考えてみれば、本というのは優秀な人の知識や考え方を読むことで知りえることなのでとても凄いものなわけです。

 

人生を変えるのは「人との出会い」か「本との出会い」というぐらいですからね。だから仕事で忙しいと言っても必ず読まなければいけないものです。

 

じゃないと人として停滞していまうと言っていいぐらいです。

 

でもさすがに運転中に本を読むことはできません。そこで使えるのが「オーディオブック」と言われる「聴く本」なんですね。

 

これだと普通に売られている書籍が音声になっているので、車の中はもちろん、いつでもどこでも耳で読書を楽しめるわけです。

 

しかもこの聴く本を使うためには「スマホ」があればOK。そして現在、本を聴くための方法として代表的なものが3つ挙げられるんですね。

 

それが

 

  1. 日本最大のオーディオブック販売サイトFeBeで聴きたい本を購入する。
  2. アマゾンのTTS(Text To Speech)有効のKindle(電子書籍)を購入して聴く。
  3. アマゾンのオーディオブックサービス、Audible(オーディブル)に加入する。

 

ですね。

 

オーディオブック販売サイト【audiobook.jp】

 

聴く本の代表格と言えばやっぱり【audiobook.jp】ですね。これは私が一番利用しているサービスです。

 

ここはただ単純に自分が聴きたい本を選んで購入するだけ。値段も普通に本を買うのとあまり変わりありません。

 

音声はもちろんプロの声優もしくはナレーターが吹き込んでいるものなのでとても聴きやすくて頭に入りやすいです。

 

本の種類もすべてとまではいきませんが、毎日更新されてて20,000冊以上もの書籍があるので自分が読みたい聴きたい本が見つかると思います。

 

また、好きなオーディオブックをひとつずつ購入するというスタンスだけではなく、月額定額で聴き放題というサービスがaudiobook.jpにはあります。

 

これはいろんなジャンルの本を読みあさりたい(聴きあさりたい)という人にはぴったりですね。音楽でいうとFMラジオを流しっぱなしにして様々なジャンルの曲を楽しむのといっしょです。

 

価格も月額750円で初めの30日は無料で体験できるので一度試してみてください。

 

>>オーディオブック聴き放題なら - audiobook.jp

 

このaudiobook.jpで購入できるおススメの聴く本は

 

神田昌典さんの名著のひとつである「60分間企業ダントツ化プロジェクト」

 

 

自己啓発の原点と言える名著!読んでいないとヤバイ本!ナポレオンヒルの「思考は現実化する」

 

 

日本のデールカーネギーと私が勝手に呼んでいる斎藤一人さんの「おもしろすぎる成功法則」

 

 

これらの3冊はぜひ読んでもらいたいというか聴いてもらいたい本ですが、なかでも斎藤一人さんの本はとても分かりやすく心に届くものですね。

 

私は日頃悩んだり、どうしていいか分からなくなった時、一人さんの本を聴いて心を休めています。

 

TTS(Text To Speech)

車通勤 勉強

 

2番目のTTSですが、kindleを使っていてもこんな機能があるって知っている方って少ないと思います。私も最近まで知らなかったですからねw

 

これはスマホにあるテキストを音声にしてくれる機能を使って本を聴くという方法ですね。

 

まずこれを可能にするにはTTS(Text To Speech)有効のKindle(電子書籍)を購入というのが前提です。

 

これはkindleを購入する際にこの文章がかかれていればOK

 

テキストトゥスピーチ

 

そして購入し、kindleのアプリにダウンロードして本を開いたら、スマホを画面を人差し指と中指の2本で上から下に何度もなぞるんですね。

 

そうすると下のような画面が出てきて、kindleを読み上げてくれるわけです。

 

テキストトゥスピーチ

 

設定方法は(iPhoneの場合)

 

「設定」>「一般」>「アクセシビリティ」>「スピーチ」と進み、画面の読み上げをONにするだけです。

 

テキストトゥスピーチ

 

テキストトゥスピーチ

 

テキストトゥスピーチ

 

テキストトゥスピーチ

 

あとは上で紹介したように、スマホを画面を2本指で上から下へとなぞることで音声が始まります。

 

この機能は初めて知った時本当に驚愕しました。

 

「なぜ今まで知らなかったんだ〜」というぐらい。。

 

しかしですね。自動車通勤では使えません。

 

っというのは、この「テキスト トゥ スピーチ」というものが完全なものではないためなんですね。

 

その完全ではないところをあげると

 

  • スマホを画面を2本指で上から下へとなぞることが面倒な上、なかなか始まらないことが多い。
  • 漢字の読みが完全ではないため、何を言っているか分からなくなる。
  • 本の間に画像があると読み上げが止まる。

 

といった感じです。

 

この3つとも使っているとハッキリ言って面倒というか、やっぱこれじゃ車通勤時には無理だと思ってしまいます。

 

使ってみれば分かるんですが、2本指で何度をなぞっても始まらないのがイライラします。

 

漢字の読み上げも「一日(いちにち)」と読むべきところを「一日(ついたち)」と読んだりするので何を言っているか分からなくなります。

 

そして最悪なのがセンテンスごとに画像が入っていたりすると読み上げが止まってしまうところなんですね。

 

こういった画像↓↓いわゆる挿絵ってやつですかね。

 

テキストトゥスピーチ

 

これがあると運転中にいちいち音声が止まり、スマホの画面を指でなぞって再生しなくてはいけないわけです。

 

コレは面倒どころかとても危険ですね。

 

だから車通勤には使えないというのが現状です。でもこれからこの機能が発達してくれれば、使えるものにはなると思います。

 

もちろん車通勤以外ならば今でもけっこう使えるのでやってみると良いですよ。

 

↑Kindle公式ストアにリンクしています↑

 

またKindleでは「kindle unlimited」という980円で本読み放題というサービスもあります。全部が全部の本を読めるわけではありませんが、30日の無料お試し期間があるのでどんなものか試してみてください。

 

↑【kindle unlimited】にリンクしています↑

アマゾンのオーディブル

 

 

最後はオーディブルですね。

 

 

これはアマゾンが提供するサービスで月額1500円払えば、いろんな本が聴き放題という凄いものでしたが、2018年8月28日よりコイン制に移行されました。

 

コイン制とは毎月コイン1個もらえてそのコインで1冊購入できるというもの。これは通常で購入すると3000円はするので半額で購入できるということです。

 

さらに

 

  • コインを使って購入したけど気に入らなければ他のオーディオブックと交換できる。
  • 追加で購入する場合は30%オフで購入できる。
  • 購入したオーディオブックは退会しても聴ける。
  • 「今読むべきビジネス書」を1冊約20分で聴けるFlier(フライヤー)シリーズなどの無料コンテンツが楽しめる。

 

といった特典もあります。

 

聴き放題じゃなくなったのはちょっと残念な気がしますが、その分聴ける本も(読みたい本も)多くなりました。

 

そして購入したオーディオブックは一生涯聴けるようになったので格安で聴ける本が買えるようになったと考えれば問題はないです。

 

この新しくなったAudibleで注目したいのは無料で楽しめるコンテンツですね。

 

今読むべきビジネス書の要約本が聴けたり、人気作家の短編集を聴くことができたり、

 

あと伝説のラジオ番組と呼ばれた松本人志さんの「放送室」が毎日1エピソード楽しめるのは嬉しい限りですね。

 

(ただこれだと勉強にならないかもしれませんがw)

 

とにかくこちらのオーディブルも会員登録から30日は無料で楽しめるので聴いてみなきゃ損ですね(^^♪

 

↓無料試聴はこちらからできます↓

 

 

だから車の中で本を聴くには、audiobook.jpとAudibleの無料体験を試してみる。そして気に入ったほうを継続し、もう一方を解約する。最新の本を楽しみたいならアマゾンのKindleを購入し「テキストトゥスピーチ」で聴くというのが良いと思います。

 

 


 

自己啓発

自己啓発

 

上でも紹介しましたが、私は今まで音声を聴くことで自分の考え方というか生き方というものを身に着けてきました。

 

いわゆる自己啓発を聴くことでやってきたわけですね。

 

さまざま読書を音声で聴くことも自己啓発にはなります。しかしそれ以上にすばらしい聴く教材もたくさん出ているんですね。

 

その中でもおススメできるのが、

 

ジェームス・スキナー「成功の9ステップ」オーディオコース 特別版

 

 

人を動かすオーディオCD版

 

ですね。

 

人は誰でも成功したいし今の自分を変えたいと考えているものです。

 

しかし今になった思うのが自分が自分を好きでないと自分を変えようと思っても変われないことなんですね。

 

だから自分を変えるためには自分を好きになることが必要であることはもちろん、自分を好きになるために行動することが大事です。

 

それを促してくれたのが上の二つの教材なんですね。

 

ジェームススキナーの教材では、自分には無限の可能性があるという意識改革をしてくれたのがとても大きく、思いっきり視野を広げてくれたというのが強い印象です。

 

通常、一つの会社にいるとその会社で交わる人とのコミュニケーションだけの思考に陥ってしまうものです。いわゆる自分は周りにいる人と同じような人間になるといったもの。

 

自分の性格も可能性も年収も周りの人と同じようになるといったものです。でもコレを学ぶことでコレではだめだ!もっと行動しないと!と自分の視野を広げ行動を促してくれるわけです。

 

人は年をとるたびに行動できなくなります。それは脳の問題よりも体のあらゆる部分が退化することによりそのエネルギーが湧かなくなるというのが40を過ぎてとても実感しています。

 

だからこそこのような教材でエネルギーを引き戻す必要があります。値段は高いですがそれだけの価値が詰まったものです。

 

人を動かすは誰もが知っているといっていい名著ですね。これはそのCD版です。

 

私は人を動かすは本も電子書籍もCDもすべて持っているほどこの本のオタクですw

 

それだけ暇があれば聴きたい読みたい名著ですね。この教材から学べることはただ人を動かすに留めず、人とはどういったものなのか?を知ることで自分をも動かせる人になれるといったものです。

 

具体的な例がちりばめられているので、見た目よりも分かりやすく、素晴らしい学びが体にしみ込むように入ってきます。

 

ただ人間はすぐに忘れる生き物なので、その素晴らしい学びを補給する必要があります。

 

そういった意味でも本や電子書籍よりもお値段は高くなりますが、CD版を購入して通勤時に聴くことをおススメします。

 

英語学習

英語学習

 

通勤時の勉強といえば「英語学習」というほど、英語というか英会話の学習は鉄板になりつつありますね。

 

今では通勤時に使える「聞き流すだけで学べる!」といった英語教材も増えて、教材どおしの競争が激しくなったため、内容も素晴らしいものが多いです。

 

英語は必要に差し迫って学ぶ人が多いと思います。何気にはじめてみよう見たいな感じでは英語なんて身に付かないですからね。

 

通勤時に使える英語教材は以下のものです。

 

英会話教材【ネイティブイングリッシュ】

 

 

英会話教材はスピークナチュラル

 

英語教材に関してはこちらで詳しく紹介していますので参照してみてください

 

>>車通勤に英語勉強がベストな理由とおすすめ教材

 

資格勉強

資格勉強

 

最後にサラリーマンの勉強の一つとして挙げられるのが資格勉強ですよね。

 

サラリーマンの中でも文系出身だと技術というものがないので、収入を増やすために転職しようと思っても自分の力を証明しようと思ってもなかなか証明しずらいものです。

 

とくに書類審査となればなおさらです。

 

しかし資格をとっていれば自分の実力をしめす勲章として使えるものです。

 

また資格勉強することは自分の仕事や知識の棚卸にもなって今までやってきたことが明確になるというか、自分が成長しているのがハッキリ分かるので良いですね。

 

私の場合は販売士の勉強をやってみてそれをとても実感しました。

 

自動車通勤での資格勉強としては下記のオンライン講座【通勤講座】が良いですね。

 

>「通勤講座」のコース一覧やキャンペーン情報、無料お試しはコチラ!

 

スマホを使ったものなので動画による学びが中心ですが、音声によるものもあるので問題なく運転しながらも聴いて学ぶことができます。

 

私は販売士の講座を学びましたが、ほかにも

 

司法試験、司法書士、行政書士、ビジネス実務法務検定試験、弁理士、知的財産管理技能検定、
ビジネス著作権検定、税理士、簿記、中小企業診断士、FP、外務員、技術士、危険物取扱者、
宅建士、マンション管理士、賃貸不動産経営管理士、コンサルタント養成講座、データーサイエンティスト基礎講座

 

などたくさんあるので、近い将来の「昇給や転職や独立」を目指している人にはうってつけの聞く教材だと思います。

 

一週間の無料講座があるので一度試してみてどんな感じか知ってみるといいですよ。

 

>>通信講座公式サイトはこちら

 

>>当サイトでの資格勉強に関して詳しい情報はこちら

 

まとめ

最高の勉強空間

 

車通勤というのはそのままにしておくと時間を食いつぶすだけの無駄な時間です。

 

しかし、その時間を学びに使うことができれば自分を成長させる素晴らしい時間に変えることができます。

 

車通勤時には「聴く」ことによる勉強しかできませんが、運転中の聴く学びはとてつもなく大きい衝撃を自分に与えることができます。

 

時間は無限ではありません。有限です。だからこそ毎日かならず発生するこの車通勤時間を勉強時間に変えて自分の成長に活かしてみてください。

 

やる順番というのは無いですが、今の自分にすぐに活かせるものからやると効果がすぐに見えるのでやりがいも出て良いですね。

 

英語を使えなければヤバイという方は英語を学ぶといいでしょうし、昇進に資格が必要な方は資格勉強がいいでしょう。

 

自分のネガティブさを改善させたいなら自己啓発を。リーダーシップを身に着けたいなら人を動かす方法を。。

 

何を学んだらいいか分からないという人は本を聴くことからはじめてみてください。


「通勤車にはどの車が良いのか?」と悩まれている方はこちら

最高の勉強空間関連ページ

電車の時間を気にしなく良い
車通勤のメリット「電車の時間を気にしなくていい」について紹介しています。
ひとりの時間ができる
車通勤のメリット「ひとりの時間ができる」について紹介しています。
食事ができる
車通勤のメリット「通勤中に食事ができる」について紹介しています。
タバコが吸える
車通勤のメリット、通勤中にタバコが吸えるについて紹介しています。
缶コーヒーが飲める
車通勤のメリット「通勤中に缶コーヒーが飲める」について紹介しています。
帰りに買い物がしやすい
車通勤のメリット「帰りに買い物がしやすい」について紹介しています。
いつでも寝れる?
車通勤のメリット「いつでも寝れる?」について紹介しています。
車好きには最高
車通勤のメリット「車好きには最高」について紹介しています。
ガンガン音楽やラジオが聞ける
車通勤のメリット「ガンガン音楽やラジオが聴ける」について紹介しています。
必ず座れる
車通勤のメリット「必ず座れる」について電車通勤と比較して紹介しています。
雨の日でも濡れずに通勤できる。
自動車通勤のメリット「雨の日でも濡れずに通勤できる」について紹介しています。
荷物が多くても大きくてもOK
車通勤のメリット、「荷物が多くても大きくてもOK」について書いています
カバンに気を使わなくて済む
自動車通勤のメリットのひとつ「カバンに気を使わなくて済む」について紹介しています。
誘惑が少ないので意外と節約できる
自働車通勤のメリットとして誘惑が少ないので意外と節約できるを紹介しています。
髯(ヒゲ)が剃れる
自働車通勤のメリットのひとつ、気にせず「髭がそれる」について紹介しています。
「見られてる!」と意識する必要がない
自働車通勤のメリットの一つ、「見られてる!」と意識する必要がないについて紹介しています。