車通勤 運動不足

運動不足になる

運動不足

 

 

車通勤をしていると確実に「運動不足」になります。

 

  • 朝、家を出たら車に乗り込み
  • 会社に着いたら車から降りてそのまま社内へ。。。

 

これでは走るどころか歩くこともほとんどありませんよね。さらに仕事がデスクワークだったら一日に1キロも歩くことがないかもしれません。

 

しかし電車通勤なら、

 

  • 朝、家を出たら駅まで徒歩。
  • 電車の乗り継ぎにも徒歩。
  • 駅を降りてから会社まで徒歩。

 

歩いてるだけですが、運動量にしてみればかなりのもんです。毎日習慣的に有酸素運動をしているようなものですよね。

 

とくに会社が地方にあると公共交通機関が少ないため、どうしても車通勤になりがちです。だから都会で働く人よりも地方で働く人のほうが「運動不足」におちいるわけです。

 

私も電車通勤していた時はけっこう歩いていましたね。仕事がいわゆる店舗事業なので店内でもけっこう歩くわけですが、通勤と合わせると多い時で一日14キロも歩いていました。

 

でも車通勤だと7キロまで落ち込んでしまいます。「この差が毎日続けばどれだけのものになるか!」とても恐ろしいことです。

 

一度、自分がどれだけ運動不足なのかを実感してみてください。「運動不足がどれだけなのか?」を計るには、万歩計を持ち歩くのが一番です。

 

もしiphone使用者なら「ヘルスケア」というアプリが標準で付いているのでそれでOK。あまり開いたことがない人が多いと思うので一度開いてみてください↓↓

 

ヘルスケア

 

ヘルスケア

その他、iphoneでもアンドロイドでもスマホさえ持っていれば、万歩計の無料アプリがあるので使用してみてください。

 

googleも無料の万歩計アプリを提供しています↓↓

 

歩数計

 

それを見るとどれだけの距離を歩いたか見ることができます。それを見ることで「自分ってこんなに動いていないんだ!」と実感することができます。

 

もちろん常時持ち歩いていることが前提ですが。。。。

 

こう比べてみると車通勤の人はその運動不足度は計り知れない事が分かるはずです。

 

運動不足による弊害

運動不足による弊害

運動不足は多大なる弊害を身体にもたらします。

 

運動不足になると、筋力が落ちますよね。そして脂肪がたまりやすくなります。そして肥満を引き起こします。デブになります。。。

 

デブになるだけならいいですが、男性の場合、筋力が落ちることで「男性ホルモンの分泌」が落ちることにもなるんですね。

 

男性ホルモンが減少すると、身体には疲れがたまりやすくなったり、精神的にはやる気が出なくなったり、気力が低下するようになります。

 

これが酷くなると性欲減退や勃起不全(ED)などの性機能の破壊。慢性疲労による生活習慣病の発生、精神的なものから「うつ病」にまで陥る可能性があるわけです。

 

車通勤によって運動不足になると、仕事に支障をきたすどころか人生にまで支障をきたすことにまでなってしまうんですね。

 

運動不足を解消するために!

 

スクワット

 

こうならないためにも出勤前、帰宅後に意識して運動する必要があります。

 

車通勤の人は、「腕立て、腹筋、スクワット」などの簡単にできる筋トレを習慣づけることをお勧めします。

 

ジョギングやウォーキングなども良いのですが、これらの有酸素運動と呼ばれるものよりも無酸素運動の筋トレのほうが筋力を維持するには良いようです。

 

またジョギングやウォーキングに比べて、筋トレは家ですぐできるので面倒がなく続けやすいんですね。

 

ジョギングやウォーキングだと雨が降ったらお休みということになりがちで「継続する」ことに向いていません。

 

確かに筋トレもツラいことなので3日坊主になりがちです。でも毎日する必要はないんですね。3日に1回。週に2回やれば十分です。

 

やるコツとしては、3日1回、翌日に軽度の筋肉痛になるぐらいやるということです。私の場合はスクワット100回 腕立て20回 これだけです。

 

これをやるとほのかに翌日筋肉痛になり、2日たつと収まり、また筋トレするといった流れになります。

 

このスパンだとけっこう気軽にできるので続けることができています(^-^)

 

あと、はじめはいろんな筋トレをするのではなく、一つの筋トレに絞ったほうがいいですね。あまりアレコレ欲張って手を出すと挫折する原因になります。

 

おすすめはスクワット。

 

あの名女優の森光子さんもスクワットだけ習慣的にやっていたそうです。人間、足腰が大事と言われますが、スクワットさえやれば、この足腰をしっかり鍛えることができますからね。

 

スクワットのやり方としては、武田真治さんの動画がとても分かりやすいです↓↓

 

 

見た感じ、あまり負荷がないようにみえますけど、けっこうきますw だからこのやり方を忠実に再現してみて下さい。

 

あと慣れてきたら、何か重りとなるものを持ちながらやるともっと筋肉をつけることができますね。

 

バーベルとかでもいいですが、私としてはバランスボールが持ちやすくていい感じです。

 

 

まとめ

 

このように車通勤をするとどうしても「運動不足になる」というデメリットがあります。だからと言って「電車通勤は物理的にできない」という方も多いでしょう。

 

それなら、しっかり家で運動して筋力を維持する必要があります。

 

でも、「疲れて帰ってきてさらに筋トレなんてとてもとても。。。」という男性もいらっしゃると思います。私もそうでしたから。。w

 

基本的に仕事の後というのは意志力が失われた状態ですから、そうなるのも当然です。

 

だから毎日やるなら朝がおススメ。やるべきことを朝に終わらせておくと筋トレで疲れたとしても何だかスッキリするものです。

 

「毎日はキツイ」という人なら週末の休みに1回、そして週中の水曜日の朝だけ1回といった感じから始めてみるといいと思いますよ♪


運動不足になる関連ページ

寝れない
車通勤のデメリット「寝れない、眠れない」について紹介しています。
交通事故のリスク
車通勤のデメリット「交通事故のリスク」について紹介しています。
車の消耗
車通勤のデメリット「車の消耗」について紹介しています。
掃除が増える
車通勤のデメリット「掃除が増える」について紹介しています。
渋滞による遅刻のリスク
車通勤のデメリット「渋滞による遅刻のリスク」について紹介しています。
交通費が全額支給されない
車通勤のデメリット「交通費が全額支給されない」について紹介しています。
交通違反のリスク
車通勤のデメリット「交通違反のリスク」について紹介しています。
お酒が飲めない
車通勤のデメリット「お酒が飲めない」について紹介しています。
目が疲れる
車通勤のデメリット「目が疲れる」について紹介しています。
仕事ができない・メモできない
車通勤のデメリット「仕事ができない・メモできない」について紹介しています。
出会いがない
車通勤のデメリット「出会いがない」について書いています。