車通勤 交通費

交通費が全額支給されない。

ガソリン代

 

 

車通勤の交通費って会社によっていろいろ違うとは思うんですが、だいたい支給のMAXが決められていますよね。

 

私の会社の場合、車通勤の往復距離によって段階的に支給額が決められています。

 

私に支給される交通費はMAXの16000円

 

会社は車通勤に対してこれ以上のお金を出してくれません。

 

でも私が費やしているガソリン代は毎月約2万円です。。

 

だから毎月毎月、4000円程の赤字を垂れ流し続けているわけです(T_T)

 

しかもこの4000円は私のお小遣いからの持ち出しです。いくら言っても嫁さんは交通費として16000円しか渡してくれないからです。ひどいです。。。。。

 

4000円もあれば毎月毎月一人焼肉に行けるぐらいの金額です。キャバクラにも1セットいけるぐらいの金額ですw

 

これにはほんと腹が立ちますよね!車通勤をしているばっかりにお小遣いが減ってしまうわけです。。。。

 

電車通勤なら?

 

それに反して電車通勤の場合は全額支給されます(うちの場合ですが)

 

電車とバスの乗り継ぎであっても全額支給されます。

 

もし私が公共交通機関による通勤に変更した場合

 

電車定期代15250円+バス定期代13760円=29010円

 

の交通費になります。これが全額支給されるわけです。これを不公平と思うのは私だけではないはずです。

 

でも会社側の言い分も分かります。

 

  • 一か月のガソリン代すべてが通勤に使っているわけじゃないでしょ!
  • ガソリン代は変動するものだからガソリン代が安くなれば逆に得するでしょ!
  • 車通勤の人それぞれのガソリン代が異なったら給料計算が面倒でしょうがないわ!

 

などと考えているのでしょう。

 

しかし、車にかかる費用はガソリン代だけではありません。

 

オイル交換にも費用がかかるし、バッテリーも周期に変える必要があります。もちろん毎年自動車税を納めなければいけませんし、保険にも入らなければいけません。

 

だからせめて、公共交通機関による交通費の70%という設定にしてくれたらと思うわけです。これなら私の場合20,307円になります。ガソリン代の部分だけは損することにはなりません。

 

まあでもこういったことは自分一人が訴えても変わるもんじゃないですからね。「嫌なら電車通勤にすればいいじゃないか!」と言われて終わりです(T_T)

 

確かにその通りなんですよね。でも、電車通勤だけならいいのですが、バスの乗り継ぎとなるとちょっとキツく感じるんですよね。やっぱり車通勤のが楽だと思っちゃうんですよね。

 

波平さんとマスオさんは毎日毎日よくバスと電車の乗り継ぎ通勤をやってるなと尊敬しちゃうわけです(笑)

 

まとめ

神頼み

車通勤にはどうしても交通費が全額支給されないというデメリットがついてまわります。

 

ゆえにできることと言えば、たとえ面倒でも「電車通勤に変えるか」、「ガソリン代が下がるのを懇願するか!」です(笑)

 

とりあえずはお得するクレジットカードを利用してできるだけ赤字を減らすことですね。

 

>>絶対お得!車通勤者が持つべきクレジットカード

 

ガソリンの値段が昔のようにリッターあたり100円ぐらいになってくれれば、一カ月約12500円で済むわけです。

 

3500円ほど自分のお小遣いとなって返ってくるわけです。

 

こう考えている車通勤サラリーマンは私だけじゃないはず!みんなで一緒に淡い夢を見続けましょう(笑)


「通勤車にはどの車が良いのか?」と悩まれている方はこちら

【車通勤で赤字】交通費が全額支給されないのがつらい関連ページ

寝れない
車通勤のデメリット「寝れない、眠れない」について紹介しています。
交通事故のリスク
車通勤のデメリット「交通事故のリスク」について紹介しています。
車の消耗
車通勤のデメリット「車の消耗」について紹介しています。
掃除が増える
車通勤のデメリット「掃除が増える」について紹介しています。
渋滞による遅刻のリスク
車通勤のデメリット「渋滞による遅刻のリスク」について紹介しています。
運動不足になる
車通勤のデメリット「運動不足になる」について紹介しています。
交通違反のリスク
車通勤のデメリット「交通違反のリスク」について紹介しています。
お酒が飲めない
車通勤のデメリット「お酒が飲めない」について紹介しています。
目が疲れる
車通勤のデメリット「目が疲れる」について紹介しています。
仕事ができない・メモできない
車通勤のデメリット「仕事ができない・メモできない」について紹介しています。
出会いがない
車通勤のデメリット「出会いがない」について書いています。