本を聴くにはオーディオブック

読書が続かないのは聴くことですべて解決します

オーディオブック

 

 

上司や社長に「成長するためには読書をしなければいけない」と言われて本を買って読み始めることって多々あると思います。

 

もちろん、自分でも読書の大切さは分かっているつもりだから読み始めるわけです。

 

しかし、読み始めても全然続かない。。途中で読むのを止めてしまうといったことで悩んでしまう人もいるでしょう。

 

よくあるのが寝る前に本を読もうと思って開いても「気が付いたら朝」と寝落ちしてしまうといったことですね。

 

小さいころから本を読む習慣が付いていた人はこんなことはないです。

 

自分の娘を見ていると本を読むのが仕事と言わんばかりに暇さえあれば本を読んでいますねw26歳時の私に見せてやりたいぐらいですw

 

しかし私のように社会人になってからやっと読書しはじめたという人はそう簡単に読書をすることはできないものです。読書力に関しては小学生と変わらないですからね((+_+))

 

ここでは読書が続かない原因とそれを解決する方法、そして私でもすべての本を読み終えることができるようになった「本を聴く」という方法を下記で紹介していますので参考にしてみてください。

 

目次

 

 

読書が続かない3つの原因とは?

読書が続かない

 

読書が続かない理由を簡単にあげると以下の3つになりますね。

 

  1. 本の選び方が分かっていない
  2. 元気な時に読んでいない
  3. どうしても目が疲れる

本の選び方が分かっていない

本の選択

 

読書が苦手という人の特徴としてあげられるのが、自分に合った本を選んでいないというものがありますね。

 

要するに読みにくくて難しい本をわざわざ選んで購入しているということなんです。

 

そういう人は見栄を張る人が多いですね。俺はこんな難しい本を読もうとしている凄いだろみたいな(←昔の自分w)

 

しかし読書ど素人がそんなものを購入しても読めるわけがありません。読めないものをわざわざ購入するのは凄いどころかかなりおバカさんです。

 

実際わたしもそんな感じで本を購入しては、読み始めても全然続かずそのまま新書のままでほったらかしになるままでした。

 

今も思い出すのが「影響力の武器」という本ですね。この書はマーケティングにおいて名著と言われるものです。

 

わたしもこの書があらゆるところでおススメと紹介されているのをみて購入したわけです。

 

しかしこれがけっこう読みにくく、さらに分厚い!

 

もうその分厚さで圧倒されていたのもありますし、読み始めてもぜんぜん頭に入ってこず自分の読書力のなさに落胆してしまったものです。

 

これはまさしく本の選び方が分かっていない一番の例ですね。

 

今だから分かりますが「読みにくい本」というのは自分の読書力が無いというよりも万人受けするように作られていないといったものなんです。

 

要するに「中学生でも分かる!」といったものではなく、相当本を読んだことがある人なら良い知識を得られるといったものなわけです。

 

だから社会人になって読書デビューした人間が読めるわけがないわけなんですね。要するに本の選び方が間違っているわけです。

 

まず読書を始める際の本の選び方は

 

  • 読みやすいもの
  • 厚さが薄いもの
  • 挿絵が豊富なもの

 

がいいです。

 

読みやすいもの

 

読みやすいものといえばやっぱり物語風なものがいいですね。

 

社会人となるとビジネス書を読むことになると思いますが、ビジネス本の中でも物語風に書かれているものはとても読みやすいというか本に入り込めて時間を忘れて読んでしまうものです。

 

中でもおススメなのが神田昌典さんの「成功者の告白」ですね。

 

成功者の告白 (講談社 α文庫)

新品価格
¥907から
(2018/3/23 06:11時点)

 

 

この書は5年間の起業ノウハウを3時間で学べる物語といったサブタイトルが付いているんですが、まさしくビジネスにおいて必要な知識やマインドが凝縮されています。

 

そして物語というようにまさに映画のスクリーンの中に放り込まれたようにこの話にのめり込み、最後には私も涙してしまったほどなんです。

 

本は薄いものを選ぶ

 

2番目は厚さは薄いものを選ぶということです。これはまさにそのままで、厚い本だと読むのも時間がかかるし、読書素人にはその厚さがプレッシャーになって読むのが続かなくなるものです。

 

あと本というのは何回も読み返すことで身に付くものですから、厚い本よりも薄い本のほうが結果的に身になるものが多いんですね。

 

そして薄い本なのに売られているということは、薄いのにそれだけの価値が詰まっていると言えるわけなんです。

 

おススメのものとしては「チーズはどこへ消えた?」ですね。

 

チーズはどこへ消えた?

新品価格
¥500から
(2018/3/23 06:34時点)

 

この書は先に紹介した「成功者の告白」が352ページに対してわずか96ページですからね。

 

どれだけ薄いかが分かると思います。そしてこの書も物語が主になっているのでスイスイ読むことができますね。

 

どんなに読書が苦手な人でも1時間ちょいで読めるのでなんとか行けるはず!

 

読み切ることで大事な知識を得られることはもちろん、一冊読み終えた!という自信も付けることができます。

 

挿絵が豊富なもの

 

最後は挿絵が入ったものですね。

 

絵が入っているとやっぱり分かりやすいし心も和んだりします。

 

極端ではありますが、とくに分かりやすいのが漫画化されたシリーズですね。

 

私も「続ける技術」を読みましたが漫画を見た後にその解説が入ったこのような本はとても分かりやすく頭に入りましたね。

 

まんがで身につく 続ける技術 (Business ComicSeries)新品価格
¥1,296から
(2018/3/24 10:26時点)

 

マンガは読書じゃないと言われるかもしれませんが、大事なのは知識を得ることですから問題ないです。

 

ただ他にもこの漫画シリーズがありますが、マンガ自体が面白くないようなものもあるので、本を選ぶ際はやっぱり立ち読みするのが一番ですね。

 

アマゾンで買う人もいると思いますし、kindleを使って読む人もいると思いますが、アマゾンのレビューってあまりあてにならないというのが僕の感想ですね。

 

それはその本が本当は良くないといった意味ではなく、人によってその本が自分にとって「良いか悪いか」「必要だったか必要じゃなかったか」って違ってくると思うんです。

 

だから立ち読みして、一回確かめてから購入するのが一番ですね。私の場合は立ち読みして良かったと思うものをkindleで購入して読んでいますw

元気な時に読んでいない

疲れ

 

読書ってどうしても二の次にやることが多いと思います。

 

仕事から帰ってきたあととか、時間ができた時とか、寝る前とか、

 

これだとどうして疲れているときに読書するということになってしまいますね。

 

これじゃいくら読書しようとしても、疲れてて読む元気がない。そしてウトウトしてしまうということになってしまうのは当然です。

 

だから、読書を二の次にやるのではなく、ちゃーんと元気に読書ができる時間を確保することが大事ですね。

 

一番のおススメは「朝」ですね。朝30分だけで早く起きて読書時間を確保することです。朝の時間は頭の働きも一番良いのでとても効率がよいですね。

 

あとは車通勤の時間を使うこと!このことについては下記で紹介しますね。

どうしても目が疲れる

目の疲れ

 

最後の読書が続かない理由は「目が疲れる」ことですね。

 

これも元気が時間を確保して読書すれば解決することですが、目は寝ている時間以外は常に酷使しているものですから疲れるのは当然です。

 

そして30代ならまだいいですが、45歳にもなった私には老眼も入ってきているのでなおさら読書は疲れますね。

 

この対策としては、目を安ませる以外にはありません。目に疲れを感じたら、目をつむる。そして余裕があれば蒸しタオルなどで目を温めると良いですね。

 

また一時期ブームにもなったこちらのめぐりズムなんかを常備しておくのも良いでしょう。

 

【まとめ買い】めぐりズム 蒸気でホットアイマスク 無香料14枚入×2新品価格
¥1,920から
(2018/3/26 05:46時点)

すべてを解決する【本を聴く】方法とは?

解決

 

今まで読書が続かない理由とその解決方法を簡単にお伝えしてきましたが、「読書が続かない」をあっさり解決する方法があるんですね。

 

それが「本を聴くという方法」。すなわち本を音声によって耳で聴くというものなんです。

 

これは昔では考えられない方法ですね。本を音声化しようとおもったら、自分が読んで録音するか、高いお金を払って朗読してもらうしかありませんでした。

 

でも今なら「オーディオブック」という名で本とほとんど変わらない値段で売られているわけです。

 

その代表的なものが【audiobook.jp(旧FeBe)】なんですね。

 


【audiobook.jp(旧FeBe)】公式サイトにリンクしています

 

ここならば30000冊以上もの書籍が揃い、常時新書が追加されています。

 

だから読みたいと思っていてけど、読まなきゃいけないと思っていたけど読めずにいた本を見つけることができます。

 

確かに全ての本が音声化して売られているわけではありませんが、いわゆる良書と言われるものはほとんど揃っていますね。

 

大ブームとなった書籍「嫌われる勇気」をはじめ、「7つの習慣」や「思考は現実化する」「仕事は楽しいかね」などの自己啓発書はもちろん、心が洗われる小説もしっかり揃っています。

 

だからしっかり学びしっかり楽しむことは可能なわけですね。しかも本を聴くことは読むことに比べてとてもメリットあるんです。

 

本を聴くメリット

メリット

 

  • いつでもどこでも読書ができる
  • 眠たくても疲れていても読める
  • 頭に入る
  • 続けて読めて何度も繰り返して読める

 

いつでもどこでも読書ができる

 

本を聴くということは、いつでもどこでも読書ができるということです。

 

一番のいい例が車通勤途中でしょう。車通勤をしていれば車を運転しているわけですから本を読むことはできません。

 

しかし本を聴く読書なら可能ですよね。やるべきことはスマホにオーディオブックをダウンロードしてカーステレオにつなげて再生ボタンを押すだけ。

 

これで今まで不毛だった通勤時間が有意義な読書時間に変わるわけです。

 

眠たくても疲れていても読める

 

目で読もうとすれば、眠たかったり疲れていたりすれば読書が続かないものでした。

 

しかし耳から聴くことは、再生ボタンを押しさえすれば眠たくても疲れていても必ず耳にその音は入ってきます。

 

だから目の疲れや眠気があっても、そんなの関係なしに読書ができるということなんですね。

 

  • 頭に入る
  •  

    このことは最高の勉強空間でも紹介しましたが、耳から聴くことはとても頭に残りやすいんですね。

     

    私が尊敬する神田昌典さんや竹田陽一さんなどの著名人が耳から聴くことでさまざまな知識を得たと公言しているほどです。

     

    「頭に入る」を「耳に残る」と言い換えて良いかもしれまぜん。こういうとなんとなく理解できますよね。

     

    「そういやあの本であんたこと言ってたな〜」といった具合に耳に残るので、本を聴く行為は本を読む行為よりもとてもメリットが大きいです。

     

    続けて読めて何度も繰り返して読める

     

    目で読書する場合は、読むのを止めてしまえばそこでSTOPしてしまいますが、耳で読書する場合は再生していればいつまでも続けて読めるというメリットがあります。

     

    要するに聴く読書は他のことをしながらもできる読書なので続けて読むことが可能ということなんです。

     

    そしてさらに大きなメリットが何度も繰り返して読めやすいということなんですね。

     

    通常の目で読む読書だと一回読み終えたら、もう一度読むことって結構少ないと思います。よほど感銘を受けたという本でも2、3回読み返せばいいほうじゃないでしょうか。

     

    しかし聴く読書だと「ながら読書」ができるので、ミュージックアルバムを聴くように何度も何度も繰り返して読書できるんですね。

     

    何度も繰り返し読書できるということは、それだけ大切な知識を吸収できるということです。

     

    そして何度も同じ本を読むと前読んだ時よりも新たな発見があると言われるように、聴くことはその発見を増やすことにもつながるわけですね。

     

    まとめ

    まとめ

     

    今まで読書が続かない原因とその解決方法。そして読書が続かない全ての原因を一発で解決できる「本を聴く」という方法を紹介してみました。

     

    読書は「しないよりはしたほうが良い」といった浅いものでなく、必ずしなければいけないものです。

     

    それだけ読書には人を変える力を秘めています。

     

    だからこそ車通勤の時間などをうまく利用して聴く読書に取り組んでみてください。

     

    >>スキマ時間にはビジネス書を「聴く」【audiobook.jp(旧FeBe)】はこちら

     


    「通勤車にはどの車が良いのか?」と悩まれている方はこちら

    読書が続かない原因とそれを解決する本を聴く方法とは?関連ページ

    車通勤にふさわしいオススメの車とは?お金だけで選んだら失敗する?
    車通勤に使う車だからといって安けりゃいいというものではありません。そして燃費が良ければいいというものでもないです。ここではどこに注目するかで選ぶ車種が違ってくることをお伝えしています。
    車通勤 スピードラーニング
    車通勤中に英語を勉強したい!と考える方にスピードラーニングについて紹介しています。
    車通勤 疲れる
    40歳以上の車通勤サラリーマンの疲労を改善することについて紹介しています。
    【長距離車通勤が苦痛】だから少し転職活動してみる
    長距離の車通勤がツラいと考える人におススメの転職活動を紹介しています。
    最短で軽自動車を購入するならコチラが便利ですよ
    最短で軽自動車を購入したい人向けのサービスを紹介しています。
    車通勤に英語勉強がベストな理由とおすすめ教材
    私の経験を元に、車通勤で英語勉強が有効な理由とおススメの英語教材を紹介しています。
    車通勤中に資格勉強は可能か?
    車通勤中に資格試験勉強が可能かどうか?可能にする教材はあるのか?を紹介しています。
    車検を安くすませたい!でも、どこで頼めばいいか分からない人に
    車通勤される方!されている方に車検を節約するための簡単な方法について紹介しています。