自動車通勤 認めない

自動車通勤禁止!なぜ車通勤を認めない会社があるのか?

自動車通勤禁止

 

 

会社によっては自動車通勤を認めないところもありますね。

 

ではなぜ車通勤を認めないのでしょうか?

 

それは通勤時に交通事故を起こすなどの問題を起こすと会社にも責任が発生する恐れがあるためなんですね。

 

自分にあまり非がない事故の場合はいいんです。

 

しかしこちらに多きな非がある人身事故などの場合は、会社が自動車通勤を容認していた場合、会社にも責任が発生してくるんですね。

 

容認していたというのは、車通勤として交通費を支給していたり、会社側で駐車場を用意していたり、仕事においてもその従業員の車を使用せていたりする場合です。

 

裁判判決例↓↓

 


・会社の責任を肯定:

 

従業員が通勤のためだけにマイカーを使用していたが、これを会社は黙認し、かつ駐車場も使用させていた場合において、仕事帰りに事故を起こした事例で、会社は従業員を監視・監督すべきだったとして会社の責任を肯定(最高裁平成元年6月6日判決)。

 

・会社の責任を肯定:

 

従業員が通勤のためだけにマイカーを使用していたが、会社はマイカー通勤をすることを前提にした通勤手当を支給することにより積極的にマイカー通勤を容認していた場合において、通勤途中に事故を起こした事例で、会社は普段から安全運転に努めるよう指導・教育すべき指導監督義務があったとして会社の責任を肯定(福岡地裁平成10年8月5日)。

 

・会社の責任を肯定:

 

マイカーは主に通勤に使用されていたものの、会社の荷物運送のために利用することもあり、会社は従業員のマイカーの維持費、修理費等の運行費を負担していた。このような事情のもとで、従業員が帰宅途中にマイカーで事故を起こした事例において、会社は従業員のマイカーの運行を支配し、そこから利益も得ていたとの理由で会社の責任を肯定(大阪地裁昭和42年6月30日判決)。

 

・会社の責任を肯定:

 

マイカーは主に通勤に使用されていたものの、会社の指示で業務場から業務場への移動や他の従業員の運搬などにも使用されており、会社はこれを承認した上で、ガソリン手当などの手当を支給していた。このような事情のもとで、従業員が帰宅途中に事故を起こした事例において、会社は従業員のマイカーの運行を支配し、そこから利益も得ていたとの理由で会社の責任を肯定(最高裁昭和52年12月22日判決)。

http://www.tenma-lo.jp/case/corporate-law/corporate-other/1399 より引用

 

また会社側に全く責任がようにしていても、従業員が通勤時に死亡事故などを起こせば、〇〇の会社の人が人をはねて死亡させたらしいよという風に広まるリスクを考えて絶対に車通勤させないようにしている場合もあるでしょう。

 

しかし郊外にある会社においては自動車通勤を認めないことは難しいですね。

 

公共交通機関が完全に整備されていませんから、自動車がないと通勤できないという人がほとんどでしょう。

 

そして車が認められないとなれば、通勤に何倍も時間がかかるようになり、その会社に勤めたいという人もいなくなる可能性がありますからね。

 

だから自動車通勤を禁止できるのは、都会のような公共交通機関が完全に整備されているところに限られます。

 

しかし郊外の会社でも車通勤を認めないことろもあります。

 

私が知っているところだと公務員に近い仕事をしているところですね。

 

そこで働く従業員の方ははじめはなんとか公共交通機関で通勤していましたが、家から駅までの距離が相当あるため断念し、会社に内緒で勤務近くに駐車場を借りて車通勤をされています。

 

こういった方はけっこういるでしょうね。

 

電車では通っているけど、家から駅までは自動車で行って、駅の駐車場に停めているという場合もあります。

 

田舎の駅では無料で停めれる駅の駐車場があったりしますからね。

 

うちの会社の場合は、極力、公共交通機関を使えといった具合です。

 

極力としているのは自動車で通わないとなかなか厳しいところに本社が建っているからですね。

 

うちの会社も前までは動車通勤に対してそんなにうるさくはありませんでした。

 

これがかなりうるさくなったのは当社の従業員が車による人身事故を起こしたことによるんですね。

 

だから言ってみれば、過去に自動車通勤を認めていたことによって従業員が何かしら問題を起こしたことがある会社が、自動車通勤を禁止しているといったことが多いのではないかと推測できます。

 

人間も会社も何か問題がなければ対策などしませんからね。

 

まとめ

 

このように自動車通勤を禁止する会社があるのは、事故などの責任を負いたくないためです。

 

もし禁止されているのに車通勤をしたいのならば、会社に無断でするしかないですね。

 

もちろん何かあった場合は、すべて自分で責任をとらなければいけないですし、会社から解雇されることもあります。

 

そこらへんは覚悟して自動車通勤をするか、仕事先を考えるしかないですね。


「通勤車にはどの車が良いのか?」と悩まれている方はこちら

自動車通勤禁止!なぜ車通勤を認めない会社があるのか?関連ページ

車通勤にふさわしいオススメの車とは?お金だけで選んだら失敗する?
車通勤に使う車だからといって安けりゃいいというものではありません。そして燃費が良ければいいというものでもないです。ここではどこに注目するかで選ぶ車種が違ってくることをお伝えしています。
読書が続かない原因とそれを解決する本を聴く方法とは?
読書がつづかない原因とその対策になる車通勤中に本が読める!学べる!オーディオブック配信サービスFeBe(フィービー)を紹介しています。
車通勤 スピードラーニング
車通勤中に英語を勉強したい!と考える方にスピードラーニングについて紹介しています。
車通勤 疲れる
40歳以上の車通勤サラリーマンの疲労を改善することについて紹介しています。
【長距離車通勤が苦痛】だから少し転職活動してみる
長距離の車通勤がツラいと考える人におススメの転職活動を紹介しています。
最短で軽自動車を購入するならコチラが便利ですよ
最短で軽自動車を購入したい人向けのサービスを紹介しています。
車通勤に英語勉強がベストな理由とおすすめ教材
私の経験を元に、車通勤で英語勉強が有効な理由とおススメの英語教材を紹介しています。
車通勤中に資格勉強は可能か?
車通勤中に資格試験勉強が可能かどうか?可能にする教材はあるのか?を紹介しています。
車検を安くすませたい!でも、どこで頼めばいいか分からない人に
車通勤される方!されている方に車検を節約するための簡単な方法について紹介しています。